公開の場で、事業ごとに本当に必要か、
誰が実施するべきか、規模は適当か
を話し合い仕分けましょう

事業仕分けは情報公開を進め、
ムダを減らし、国や都から権限を移す
根拠になります。

横浜市で議員団が実施したように
世田谷区でも議員が仕分けをできます。
最初は区議だけでも、都議会議員を巻き込み
区民も仕分けに参加できるようにしましょう